音楽

12月4日 横須賀の第九の本番

_20161205

家内や子供たちと昼食のあとリハーサル室に。延々と待機のあとで声出し。また延々と待機。15時半ごろ袖に移動。第2楽章の終わるの待って舞台へ。ソリスト入場で拍手があった。(ちょっと違和感が・・・。)

第3楽章が長く感じられた。マエストロの舞うような指揮が心地よい。第4楽章に「突入」して緊張が走る。出だしのFreudeは上出来。男声合唱もうまくいって安堵する。あとは一気呵成。650小節からの微妙な和音も合格点すれすれで通過。マエストロに導かれて最後のオケのPrestissimoで頂点に到達。充実した時間だった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

12月2日~3日 第九の練習とリハーサル

2日は通し稽古。3日はオケとソリストに合唱が加わってリハーサル。今年は女声が前、男声がその後ろという変則的な並び方になった。

オケの出来栄えは非常に良いと思った。

北原マエストロは楽譜に忠実に歌うだけではOKしていただけない。合唱団にも音楽の表情を表現するよう求められる(espressivo)。考えようによってはこの方がかえってわかりやすいかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月25日 第九のマエストロ稽古

_20161008_2

第九演奏会を来週に控えてマエストロ稽古の日となった。

今年のマエストロは北原幸男先生。音楽に真摯に取り組む素晴らしい指揮者。2008年のカヴァレリア・ルスティカーナ以来、永らくお目にかかっていなかった。

ソフトタッチながら妥協のない指導でしっかりした筋が通る予定。もし応えられなければ合唱団は失格だ。2時間半ばかりの稽古だが、緊迫した楽しい時間だった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第九練習日 12日目

今日は通常練習の最終日。

最初にアンコールの「蛍の光」の練習。例年になく丁寧に稽古。新しく楽譜が配られたが以前からの記譜ミスがそのままになっているのは困ったものだ。

2016111911310001

男声と女声に分かれて練習のあと、全体で、練習番号S(795小節~)からPrestissimo(851小節~)を経てMaestoso(916小節~)とPrestissimo(920小節~)の終曲まで練習。

本当はSの入りが問題なのだが今年はそういう練習を全くしていない。

来週からは北原マエストロによる稽古になる。久しぶりで楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月11日 OB会と第九練習

腰の状態が良くない。

今日は朝早く雨の中を会社のOB会に出かけた。電車が遅れてぎりぎりに滑り込み。今年は若手の会員が増えた。

夕方から第九の練習に出かけた。11日目。やっと暗譜の通し稽古に移行したが、半数の人は三ヶ尻氏のドイツ語指導。

何だか世界が不安定化の様相を呈してきた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第九練習日 10日目

今日も雲はあったが良い天気だった。

まだ部分パート練習が続いている。本番がひと月後に迫っているのに通し稽古が少なすぎる。小生の経験則では本番までに200回は暗譜で通さないと自信が持てない。

毎年うたっている人ばかりではないのに、本当にこれでよいのだろうか。

今日、並び方の試しがあった。女声が前列で後ろに男声陣という形。なにしろ300人ほどの大合唱団になるので、声の融けあいと広がりは大きな課題だ。

帰宅して気が付いたが腰痛が軽くなっていた。やはり合唱は体育会系の活動だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月28日 第九練習日9日目

今日は雨。しかも気温が低くて冬のジャンパーを着た。

前半は別室で三ヶ尻先生の特訓に参加。

結局のところ、オケに対抗して客席に聴こえるようにドイツ語を歌うために、子音を先取りして長く発音することが必要ということに尽きる。

但し母音のフライイングはNG。言うは易く行うは難し。それ以外ではUウムラウトの舌の位置と口の形などが難しい。

三ヶ尻氏愛用の小道具は束子と玩具の弓矢

Images0gr0m7uz

束子で腕を擦る感じで静かに長く子音を発音する。

K_publishingimg600x37513999829609tz

弓を引き絞る間は子音を続けて、拍の頭で弦を離して母音を出す。

後半で全体練習に参加。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月21日 第九練習8日目

14時過ぎに緊急地震速報。鳥取県中央部。

夕方から第九の練習に出かけた。

今日は与田朝子先生が見えて主に女声が指導をいただいた。

例の650小節からの和声が最後まで課題となった。体幹の筋肉の使い方に問題がありそうだ、

問題の箇所。

_20161022
_20161022_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月14日 第九練習(7日目)

_20161015

_20161015_2

今日はめっきり寒くなった。

早く通し稽古といきたいところだが、まだダメ出しが多くてしばらく掛かりそうだ。

毎年のことだが650小節からのpp~sempre ppがなかなか綺麗に協和しない。私見だがmpかmfで協和するまで練習した方が速く上達するのでは。

立ち位置を決めるための身長の登録をしたが、今までと同じ168センチにしておいた。多分もっと縮んでいるはず。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

10月7日 第九練習(6日目)

_20161008_2
_20161008

今日は練習番号S(795小節~)から最後まで。ほかに男声合唱(練習番号I~)も練習。

終曲部分でテノールの高いAの連続を歌うには立ち方が重要だと教わった。股の筋肉をしっかりと使って立つのだそうだ。健康法にもよさそうだ。

10月3日から始まった入場券の売れ行きは例年より少し立ち上がりが遅かったようだが相変わらず好調のようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧