« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月の記事

奥尻島のホッケ柱

「ハイビジョン特集 北の海にホッケが舞う~群れ、その神秘の物語~
(初回放送:2009年)奥尻島沖で数万匹のホッケが作る「ホッケ柱」。生きものの群れが持つ神秘的な美と迫力に特撮映像で迫る。」

を観ました。ホッケは浮袋がなく普段は海底で生活していて、春に川からの養分が豊富になると立ち泳ぎで海面に近づいてプランクトンを食べるのだそうです。

ホッケの大群が立ち泳ぎして柱を作り海水を下に送ると、渦ができてプランクトンが吸い込まれ、ホッケは海面に顔を出さずにそれを食べることができるのだそうです。

番組の主眼はどうやら「ホッケ柱」ではなく、生き物の群れがトップダウンの指示によることなく、各個体が自分が持つ行動原理で振る舞いながら、群れ全体としてはその結果として生存に適した行動を取ることの面白さのようです。

軍隊アリやホタルなど多くの例を見せていました。この辺りの研究については次のサイトに詳しく書かれています。

「群れ」の科学

     ++++++++++++++++

山田五郎,福岡伸一,森川幸一,矢野直美

この方々の蘊蓄もなかなか面白く聴きました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

8月27日 今年も第九にでます。

_20160828_3

今日はグループレッスンの日でした。ゆうべからお腹をこわしていて不安なので、薬局に寄り「ストッパー」を買い込みました。

テナーばかり8人のグループでした。全員元気で何よりです。練習番号「M」を一人ずつ歌いました。楽譜を見ながら歌うのはどうも違和感がありますね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

オペラファンタスティカ

いま、NHKFMのオぺラファンタスティカでマリオ・デル・モナコとジュリエッタ・シミオナートの「カヴァレリア・ルスティカーナ」を聴いています。今、ちょうど間奏曲が始まりました。

このオペラは今でも全曲暗譜しているほど体に沁み込んでいて、聴くとつい一緒に歌ってしまいます。多分もう出る機会は巡って来ないでしょう。

_20160826

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月14日 墓参

お盆ということで墓に参った。

霊園行のバスを待っていると「りんどう号」が来た。この辺りでは旧盆の家が多いせいか、道は比較的すいていた。

Img_0

気温も今日はいくらか下がって予想したほど疲れなかった。霊園の事務所付近はさすがに混んでいた。水分の補給にはかなり気を使った。

帰りに駅近くのパン屋の二階でフレンチトーストなどを注文した。トマトジュースの分量が多くてうれしかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月11日 古代ギリシャ特別展

_20160812


_20160812_3


_20160812_2


夏風邪が抜けません。4種類も薬を処方されて既に4日間飲んでいますが引き続き沢山痰が出ます。連日の猛暑で警戒していましたが、今日はいくらか気温が下がったようなので思い切ってでかけました。

上野の国立博物館の古代ギリシャ特別展です。公園を抜けていくと、2020年のオリンピックを盛り上げるエヴェントや、西洋美術館の世界遺産登録を祝うエヴェントなどで賑わっていました。

音声ガイドを借りてゆっくり回りました。中身は時代順に

(I)古代ギリシャ世界のはじまり(前7000年紀~前2000年頃)

(II)ミノス文明(前3200年~前1100年頃)

(III)ミュケナイ文明(前1600年頃~前1100年頃)

(IV)幾何学様式~アルカイック時代(前900年頃~前480年)

(V)クラシック時代(前480年~前323年)

と並んでいました。

このあとは

(VI)古代オリンピック

(VII)マケドニア王国

(VIII)ヘレニズムとローマ(前323年~)

という並びになっていました。

まさにのちのヨーロッパ文明の原点となったのがギリシャだと感じました。但し「直系の子孫」というような単純なことではないと思います。

それにしても言葉だけは聞いていて何もわかっていないことが余りにも多くて、愕然としました。

外国からの観光客らしい若い人達も多く見かけましたが、日本語だけの展示でどこまで楽しめたのか気になります。

蕎麦とビールで休養してからゆっくり帰りました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

オリンピックの中継

リオデジャネイロからのオリンピックの映像が連日テレビを賑わしていますね。

小生がオリンピックの実況中継を最初に聴いたのは昭和27年でした。当時はテレビではなくラジオでした。(テレビの試験放送が始まったのは昭和28年だと思います。)ヘルシンキからの中継回線は短波でした。

手製の短波受信機でヘルシンキからの中継波を傍受して聴きました。中継波は放送の始まるかなり前から発射され、コールサインは「オリンピア・レディオ・フォレミサ・ヤパン」と聞こえました。多分フィンランド語だったのでしょう。勿論、小生の耳ではそれを聴きとれる筈もありませんでしたが。

当時の受信機の写真は残っていません。似たような写真を見つけたので拝借して載せました。

Hk8_bfr

| | コメント (2) | トラックバック (0)

8月7日

午前、娘が来訪。サンルームの日除けの手直しを手伝ってくれた。午後、娘と入れ違いで、次男の夫婦がきた。バーベキューの帰りだそうだ。猛暑の中でよくやれると感心したり呆れたり。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

7月31日~8月1日

妹の葬儀に出席。出席者は親戚筋だけで30人ほど。往路は東京駅の京葉線への降り替えで苦労。帰りは次男の車で送ってもらった。

日ごろのご無沙汰を解消することができた。これも故人のおかげだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »