« カントの墓 | トップページ | 吉野へお花見に »

さまよえるオランダ人

R

神奈川県民ホール主催の「さまよえるオランダ人」の3月20日公演を観てきました。

指揮:沼尻竜典、演出:ミヒャエル・ハンぺ、装置・衣装:ヘニング・フォン・ギールケ

オランダ人:青山貴、ダーラント:妻屋秀和、ゼンタ:橋爪ゆか、エリック:福井敬、マリー:小山由美、舵手:清水徹太郎

合唱:二期会合唱団、新国立劇場合唱団、藤原歌劇団合唱部

管弦楽:神奈川フィルハーモニー管弦楽団

舞台装置に動く映像が多用されていました。休憩なしの通し上演です。バイロイト祝祭劇場を作ったところからも分かる、ワグナーの楽劇への特別な思いが良く反映されていたと思います。

皆さんの熱意が良く伝わってくる熱演でした。

ただ舵手が二人いて、一人が舞台中央でずっと横たわっていたのが意味不明でした。


|

« カントの墓 | トップページ | 吉野へお花見に »

音楽」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

サロン」カテゴリの記事

美術」カテゴリの記事

コメント

tonaさま
日本大通の駅から近いです。少々不思議な造りのホールですがいずれ慣れるでしょう。
「オランダ人」はいわゆる楽劇に見られる壮大なドイツ神話(実はワグナーの創作)のような装いはなく、幽霊船伝説に基づく比較的に規模の小さな歌劇ですね。

投稿: evergrn | 2016.03.23 16:11

おはようございます。
県民ホールだとそちらから近いですか?
横須賀へは特急みたいのに乗りましたら、凄く近かったです。実家の茅ヶ崎に行くみたいでした。

有名な「さまよえるオランダ人」よかったですね。
ワーグナーとしては短い方ですか。

投稿: tona | 2016.03.23 08:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さまよえるオランダ人:

« カントの墓 | トップページ | 吉野へお花見に »