« 明けましておめでとうございます。 | トップページ | 堀米ゆず子さんを聴きました。 »

風雨にめげずサントリーホールへ

_20150116_2


荒天の中、家内とサントリーホールまで樫本大進を聴きにでかけました。風雨のなかで開場を待っているとファンファーレとともに扉が開きました。あれはどういう趣向なのか面映ゆい思いで入場し席につきました。

樫本大進とエリック・ルサージュで、フォーレ、プーランク、フランクというフランスの香りに満ち溢れたプログラムです。相変わらずのエネルギッシュな弾き方ですが、エスプリを聴かせる素晴らしい演奏でした。右手の親指の付け根で弦のヤニを拭く仕草は昔と同じでした。

休憩後、後半にはいるところで、二階の上手に皇后さまが着席され聴衆に何度も丁寧に腰をかがめてご挨拶されました。一同拍手で応えていました。小生は今までこういう経験は無かったとおもいます。

フォーレのロマンスの冒頭でピアノとバイオリンの呼吸が合わず、弾きなおしになるハプニングがあって笑いを誘いました。

アンコールはフォーレの子守唄とマスネのタイスの瞑想曲でした。なんだかまた楽器を引っ張り出して弾いてみたくなりました。

|

« 明けましておめでとうございます。 | トップページ | 堀米ゆず子さんを聴きました。 »

音楽」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

サロン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風雨にめげずサントリーホールへ:

« 明けましておめでとうございます。 | トップページ | 堀米ゆず子さんを聴きました。 »