« 偶然の芸術写真 | トップページ | 明けましておめでとうございます。 »

カメラの手入れ

Dscn3478r裏蓋を開けたところですが遮光材は細い溝に入っていて殆ど見えません。)


Dscn3472r_1000x750

近頃足腰が弱っているのがよく分かるようになりました。カメラを提げて近所の丘を歩き始めたのですが、手ぶれではなく「胴ぶれ」で困っています。1/1000以外のシャッター速度では失敗の確率が30パーセント以上です。何とか鍛えてせめて1/125まで手持ちで使えるようになりたいと思っています。

ところでカメラの内部の遮光材(モルトプレーン)がどうやら駄目になっているようです。Amazonで厚さ1ミリと2.5ミリのシートを買って自分で交換しました。細かい作業ですが嫌いな方ではないので何とか成功したようです。交換後の写真はまだ出来ていませんが楽しみです。



|

« 偶然の芸術写真 | トップページ | 明けましておめでとうございます。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

コメント

tonaさま
足腰の鍛錬に、地元の庚申塚でも撮りに歩こうと考えて始めたのですが、あらぬ方角にそれて仕舞ったようです。地図を眺めて地形の研究につとめています。

投稿: evergrn | 2014.11.01 17:15

カメラを構えていると胴ぶれも起こるのですね。
確かにそのような感じも否めません。
何でも修理をなさるのがとても羨ましいです。

投稿: tona | 2014.11.01 16:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カメラの手入れ:

« 偶然の芸術写真 | トップページ | 明けましておめでとうございます。 »