« ドイツ二人旅(その3)コブレンツからケルンへ | トップページ | ドイツ二人旅(その5)フランクフルト二日目 »

ドイツ二人旅(その4)(ケルンからフランクフルトへ)

ケルン二日目。ホテルをチェックアウトして荷物を預け大聖堂へ。二人分の灯明を寄進して堂内を参観。その威容に圧倒される。 

DSCN3172 

昨日見損なったヴァルラーフ・リヒャルツ美術館に行く。宗教画などなじみのない絵が並んでいる。中心はケルン派だそうだ。 

シュテファン・ロホナーの薔薇の茂みの聖母 

Stefan-Lochner-Madonna-of-the-Rose-Bush-2-    

一見してムンクと分かる絵があった。 

munk

この日はなぜか足腰の疲れがひどくてすぐに座りこんでしまった。美術館のカフェで昼食を摂った。

荷物を受け取って午後の列車でフランクフルトに向かう。 列車は混んでいて空席のある車両まで荷物を引っ張って延々と車内を歩いた。もう少し事情が分かっていれば多分最初から適切な車両に乗り込めたのではないかと思う。

DBの列車には3ケタの車両番号があるようだが、そもそもそれがどこに書いてあるのか分からない。車内には表示があるが、プラットホームから見る場合はどこを見ればいいのか分からなかった。初歩から教わる必要を感じた。   

フランクフルト駅のそばのインターシティーホテルにチェックイン。

割に元気な家内に乗せられて午後の街に繰り出し、カイザー通りを進み歌劇場の辺りで曲がって11番のトラムの通る道に沿って歩いた。レーマー広場らしきところで沢山並んでいるテーブルの一つに腰を下ろした。遠くに夕日に染まった大聖堂が見える。 

DSCN3180

 

DSCN3181

これは旧市役所のようだ。 

イタリア人風の容貌の背の高いボーイさんがメニューを持ってきた。現在地点とドームの位置を尋ねて再確認した。人をそらさない陽気な応対だ。何を注文したのか覚えていないのは残念。 

クラインマルクトを抜けてツァイル通りへ出た。ショウウインドウには南部鉄器らしきものも見える。

DSCN3182

ショッピングセンター「マイツァイル」の前に出た。鳥の巣みたいなオブジェが目を惹く。 

DSCN3183

あまりうまく撮れなかった。「Weidenhof」の辺りからトラムの通りまでもどってトラムでホテルに帰った。

|

« ドイツ二人旅(その3)コブレンツからケルンへ | トップページ | ドイツ二人旅(その5)フランクフルト二日目 »

音楽」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

サロン」カテゴリの記事

美術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ二人旅(その4)(ケルンからフランクフルトへ):

« ドイツ二人旅(その3)コブレンツからケルンへ | トップページ | ドイツ二人旅(その5)フランクフルト二日目 »