« 上村文乃さんの気迫に圧倒されました。 | トップページ | 江ノ電に乗って「日帰りスケッチ旅行」 »

ウインザーの陽気な女房達について

今日FMの「クラシックカフェ」を聴いていたら、「ウインザーの陽気な女房達」から「月の出の合唱」をやっていました。昔、劇場の10周年記念でやった曲なので懐かしく聴きました。

そこでふと思い出したのはの作曲者のオットー・ニコライという名前についての疑問でした。ドイツ人らしくない名前だと思いながらそのままになっていました。

改めて調べてみたら東プロイセンのケーニヒスベルクの出身だと分かりました。かつてはバルト3国と並んでハンザ同盟に属していましたが、ドイツ、ロシアそれにポーランドの間の力関係の中で、大きな戦争による大変な紆余曲折を経て今ではロシヤ領のカリーニングラードとなっているんですねえ。今ではドイツ人たちは殆んど追い出されてしまったようです。

随分話が飛んでしまってすみません。

オットー・ニコライ

カリーニングラード

|

« 上村文乃さんの気迫に圧倒されました。 | トップページ | 江ノ電に乗って「日帰りスケッチ旅行」 »

音楽」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

tona様

コメントいただいて有難うございます。10周年記念コンサートの練習に使った書き込みだらけの楽譜を見ながら昔を思い出しております。

投稿: evergrn | 2012.10.18 11:31

面白い事実を教えていただき有り難うございます。
カリーニングランドはロシアの飛び地なのですね。
複雑な歴史でオーットー・ニコライというロシア名の作曲家がドイツ出身になってしまって、、
この「ウインザーの陽気な女房たち」もベルリンの宮廷歌劇場で初演されています。

投稿: tona | 2012.10.18 11:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウインザーの陽気な女房達について:

« 上村文乃さんの気迫に圧倒されました。 | トップページ | 江ノ電に乗って「日帰りスケッチ旅行」 »