« 気ぜわしい一日でした。 | トップページ | やっとLisetteさんと合わせました。 »

秋の南都を訪れました。

Dscn0697r

昨日は急に思い立って会期末が迫った正倉院展に行ってきました。朝7時前に家を出て奈良に着いたのは11時半でした。バスで10分ほどで国立博物館です。時刻が早めだったので予想したほどは混んでいませんでした。500円で音声ガイドを借り、要所で聴きながらまわりました。毎回展示品が異なるので二度と拝めないものばかりです。特に金銀鈿荘唐大刀(きんぎんでんそうのからたち)は人気があり、最前列で見るためには長蛇の列の後ろについて20分待ちでした。豪華な装飾の付いた柄や鞘が見事でしたが、先端が両刃になっている直刀の鋼の美しさは奈良時代のものとはとても信じがたい程でした。腹ごしらえに入った館内のレストランでは気の利いたメニューがありました。レストランの傍で薬膳弁当を売っていたのでそれも一つ買って帰りました。猿沢の池は記憶の中のイメージと違ってはるかに小さな池でした。だらだらくだりの三条通りをJR奈良駅まで歩いて戻りました。「のぞみ」が速くて聊か旅情に欠けましたが、いい眼の保養になりました。

|

« 気ぜわしい一日でした。 | トップページ | やっとLisetteさんと合わせました。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

美術」カテゴリの記事

コメント

tonaさま

行動力はないほうです。我ながら思い付きばかりで計画性に欠けていますねえ。実は正倉院展は初めてです。人生もう後が無いという気持が動力源です。

投稿: evergrn | 2011.11.10 18:56

わぁー、凄い行動力ですね!
本当はもう2度と見られないのは奈良京都なら日帰り可能なのでこうして見るべきなのですね。
正倉院展をもう何回も御覧になっておられるのですか?

投稿: tona | 2011.11.10 09:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋の南都を訪れました。:

« 気ぜわしい一日でした。 | トップページ | やっとLisetteさんと合わせました。 »