« 9月12日扇面に描く | トップページ | 9月14日自主練習の成果その2 »

時空を超えて

20002_2 20001_2 私たちの合唱団では来年のカヴァレリア・ルスティカーナの練習の最中です。合唱団で作ったパート練習用のCDを利用していますが、オケやソリストとフルコーラスのなかでの練習は欠かせません。そのための自宅練習用の音源として、DVDでは兎角映像重視のものが多いので、この際CDを買いました。

1960年の録音であの時代のマイクロフォンを思い起こさせる如何にも華やかな音がします。舞台の隅々まで明瞭に録れていて練習が楽になりました。

演奏の方ですが、トゥリオ・セラフィンという最盛期のイタリアオペラ界に君臨した大御所の指揮は、今日の感覚からすると芝居がかった大げさなものですが、スコアを片手にこのCDで練習していると気がつかないうちに彼のペースに引き込まれてしまい、いかにも自分が1960年のローマの舞台に立っているような気持ちにさせられるから不思議です。

ジュリエッタ・シミオナートやマリオ・デル・モナコなど往年の大ソリストたちの奥行きのある歌唱が聴きもので、練習が楽しくなりました。テンポ・ルバートが激しいので指揮を見ないで歌うのが難しい箇所もありますが、そこは勘を働かせて補っています。

このCDはお奨めです。

|

« 9月12日扇面に描く | トップページ | 9月14日自主練習の成果その2 »

音楽」カテゴリの記事

サロン」カテゴリの記事

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時空を超えて:

« 9月12日扇面に描く | トップページ | 9月14日自主練習の成果その2 »